着物買取でよくあるトラブル7選と優良業者の選び方 | 事前に失敗を避ける方法も徹底解説!

「着物を売りたいけどトラブルには巻き込まれたくない‥」
「着物を安心して売れる買取業者があれば知りたい!」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

着物買取を依頼したいけど、どこを注意しておけば良いのか不安に感じますよね。

ここでは、着物買取でよくあるトラブル事例・トラブルにあわないための業者の選び方、また優良買取業者を3社ご紹介していきます。

トラブルが起きる前に知識を入れておくことで、トラブルや失敗を未然に防げる可能性もありますので、ぜひこの記事を参考にしてもらえればと思います。

着物買取でよくあるトラブル7選

着物買取でよくあるトラブルを7つ厳選してご紹介していきます。

  • 無理やり買取される(押し買い)
  • 着物以外の品物の抱き合わせ買取
  • 査定額が安すぎる(買いたたき)
  • 着物の扱いが雑・紛失や汚れ
  • 持ち逃げ
  • キャンセルができない
  • 返送や処分に高額な費用がかかる

ひとつずつ詳しく解説していきますので、買取依頼に出す前に知識として入れておいてください。

無理やり買取される(押し買い)

着物買取でよくあるトラブルのひとつが「押し買い」と言われるものです。

「押し買い」は、突然訪問して商品を買わせる「押し売り」に対して、売る気がないものまで査定して強引に買取されてしまうことです。

特にターゲットとされるのが女性や高齢者で、国民生活センターに寄せられている相談のうち「約8割が女性」「約7割が60歳以上の高齢者」という割合となっています。
参考:国民生活センター

着物買取では、査定員が自宅を訪問する「出張買取」が主流となっていて便利である反面、このようなトラブルが起こることも多く注意が必要です。

着物以外の品物の抱き合わせ買取

着物の買取と同時に、貴金属や高級バッグなど着物以外の品物を一緒に買取しようとする「抱き合わせ買取」もトラブルのひとつです。

流れとしては「着物を無料で査定しますよ」とアポイントを取って自宅に赴き、着物の査定は軽く済ませたかと思いきや「貴金属など査定してほしいものはありませんか?」と聞いてきます。

実際のところ、買取業者の本命は着物を買取することではなく、他の金目になりそうなものを安く買取することにあります。

トラブルを避けるためにも、売りに出す予定がないものは決して買取業者に見せることがないように注意しましょう。

査定額が安すぎる(買いたたき)

査定額が低く、相場よりも安く買取されてしまう「買いたたき」をする悪徳な業者も存在します。

着物を売りたい私たちユーザー側は、着物についての知識を持ち合わせていないことが多く、豊富な知識を持つ査定員をプロであると信じ込んでしまう傾向にあります。

その無知であることをいいことに、査定額を相場よりも安い金額で提示して、言葉巧みに買取していきます。

もし、査定額に納得がいかない場合は無理に買取してもらうのではなく、複数の買取業者に査定に出して「1番高い額を提示したところ」に買取を依頼するのが良いでしょう。

着物の扱いが雑・紛失や汚れ

着物の扱いが雑・紛失や汚れなどのトラブルは、主に着物を送って査定してもらう「宅配買取」で起こるケースがほとんどです。

宅配買取の場合は、指定の「買取キット」に着物を箱詰めして送ってしまうため、目の前で査定されることはありません。

また査定額に納得がいかない場合は返送してもらう必要がありますが、着物が雑に入れらていたり、汚れが付いていたという事例もあります。

このようなトラブルにならないためにも、梱包して送る前に写真を撮っておくなどの対策をしておく必要があるでしょう。

持ち逃げ

これはトラブル事例としては最悪なケースですが、「宅配買取」で着物を送ったまま業者からまったく連絡がなく、そのまま「持ち逃げ」されるという事例です。

このようなトラブルはほぼ起こることはありませんが、査定に出す前にホームページで「きちんと営業している業者なのか」確認しておくことが大切です。

今の時代、ホームページを持っていない会社はほとんどなく、タウンページにも記載されていない場合は確実に怪しいので断る方が賢明でしょう。

キャンセルができない

査定に出した着物の買取を「キャンセルできない」といったトラブル事例もあります。

通常であれば、査定が完了したら査定内容が依頼者宛にメールで届き、依頼者が納得した場合のみ買取が成立する、このような流れが基本になります。

しかし、今回のケースのように依頼者が納得していないのに「キャンセルは一切受け付けない」といった、悪質な業者も報告されています。

このような事例も稀ですが、依頼予定の業者ホームページで買取の流れをきちんと確認してから依頼するようにしましょう。

返送や処分に高額な費用がかかる

これも宅配買取にあった事例ですが、返送や処分に高額な費用を請求されるといったトラブルです。

宅配買取では、査定で値段が付かなかった着物をそのまま「無料で処分してもらえる」といったケースが多いです。

その反面、返送料に関しては自己負担の業者が多く、返送料を高額に設定しておくことで査定額より高くなることもあり、処分を依頼するように持っていこうとする業者もあります。

さらに、返送料だけでなく処分するのも有料にしている悪徳な業者もありますので、きちんとホームページで確認を取るようにしましょう。

着物買取でトラブルにあわないための業者の選び方

着物買取でトラブルにあわないための業者の選び方を6項目に分けて解説していきます。

  • 買取実績が豊富な企業に依頼する
  • 買取方法が多い業者に依頼する
  • 着物買取を専門的に行っている業者に依頼する
  • 手数料やキャンセル料の規定を確認する(無料の業者に依頼する)
  • 口コミ・評判の良い業者に依頼する
  • 複数の業者に依頼する

ひとつでも参考にしてもらえると、トラブルにあう可能性がグンっと下がります。ぜひ参考にしてみてください。

買取実績が豊富な企業に依頼する

着物買取業者を選ぶうえで買取実績が豊富な企業は、それだけ利用者に選ばれているということもあり、信頼できる要因になるでしょう。

買取実績が豊富であるということは、業界でも知名度が高いため安心感にもつながります。

トラブルを起こすような悪徳業者は知名度も低くく、ホームページすら無い業者も存在しますので、買取実績が豊富な企業に依頼するのはベストな選択といえるでしょう。

買取方法が多い業者に依頼する

買取方法が多い業者に依頼するのもおすすめです。
着物買取には「店舗・宅配・出張」の大きく3つの方法に分類されます。

買取方法が多いということはそれだけ企業の規模も大きいということですし、店舗展開している業者は知名度が高い証拠にもなります。

買取業者を選ぶのに迷ったら、3つの買取方法すべて扱っている業者を選ぶのをおすすめします。

着物買取を専門的に行っている業者に依頼する

トラブルに遭わないためには、着物買取を専門的に行なっている業者に依頼しましょう。

着物買取と一言でいっても、古着屋やリサイクルショップも含まれますが、このようなお店は着物の知識を持った査定員がいないことも多く、正確な査定ができない可能性があります。

その点、着物買取を専門的に行なっている業者であれば、豊富な知識を持つ査定員も常駐しているため正確な査定が期待できます。

着物を専門的に扱っているかは業者のホームページに記載されていますので、ぜひチェックして着物専門の買取業者を選ぶようにしましょう。

手数料やキャンセル料の規定を確認する(無料の業者に依頼する)

着物の買取には手数料やキャンセル料など、査定を依頼するために費用が発生する業者もあります。

基本的に大手と言われる会社であれば、査定にかかる費用は一切かからず無料で依頼できます。

一部、宅配買取で買取キャンセルをした場合の返送料のみかかってくる場合がほとんどですので、その点もホームページなどでチェックしておくと良いでしょう。

トラブルを起こすような悪徳業者は、手数料やキャンセル料なども法外な請求をしてくるケースもありますので、注意して確認しておきましょう。

口コミ・評判の良い業者に依頼する

実際に利用したことがある方の口コミ・評判を参考にして、良い業者を見つけるのもおすすめです。

口コミ・評判は買取業者側の意見ではなく、利用者が体験したリアルな体験談でもあり、自分と同じことで不安に感じている方であれば、参考にできる部分も多いはず。

良い評判が多い買取業者であれば、トラブルにあう可能性も低く安心して買取依頼できますので、ぜひ口コミ・評判を参考に業者を選んでみてください。

複数の業者に依頼する

1円でも高く買取してもらうためには、1社の査定で終わらせるのではなく、複数の業者に依頼することをおすすめします。

複数の業者に査定を依頼することで、金額を比較できますし買い叩きのトラブルに巻き込まれれる心配もありません。

また、査定額だけを比較するのではなく、送料・査定料など「査定にかかる費用」も考慮したうえで、業者を選ぶと良いでしょう。

安心して着物を売れる優良買取業者

ここまでは、トラブル事例やトラブルにあわないための業者を選びについて解説してきましたが、ここでは実際に着物を安心して売れる「優良買取業者」を3社ご紹介します。

  1. ウリエル
  2. バイセル
  3. 福ちゃん

ひとつずつ特徴を解説していきます。

1. ウリエル

公式サイトウリエル
電話番号0120-980-513
受付時間8:30~17:30(土日祝除く)

ウリエルは、買取実績300万点を誇る全国展開している買取専門店です。

買取方法は「出張・宅配・店舗」の3つの中から選択でき、全国どこにお住まいでも買取を依頼することができます。

また、ウリエルは業界でもトップクラスの高値で買取してくれることでも有名です。査定結果に納得いかない場合も、自由にキャンセルできますので利用する側としては安心して利用できます。

電話やメールだけでなくLINEからも問い合わせできますので、まずはお問い合わせフォームから連絡してみてください。

2. バイセル

公式サイトバイセル
電話番号0120-402-133
受付時間24時間365日

バイセルは、上場企業の(株)BuySell Technologiesが運営している買取専門店です。

バイセルは出張買取の分野で、

  • 顧客満足度が高い出張買取 4年連続No.1
  • 価格満足度が高い出張買取 4年連続No.1
  • 着物買取で専門性の高いサービス No.1

このような評価を得ているため、安心して買取を任せられます。

買取方法もウリエルと同様に「出張・宅配・店舗」の3つの中から選択でき、47都道府県すべてに対応しています。

電話も24時間365日受付中ですので、日中忙しくて連絡が取れない方でも安心して利用できるのはうれしい点かなと思います。

3. 福ちゃん

公式サイト福ちゃん
電話番号0120-947-295
受付時間9:00〜20:00(年末年始除く)

福ちゃんは、着物・食器・切手など幅広いジャンルの商品を取り扱っている買取専門店です。

買取方法も2社と同様に「出張・宅配・店舗」の3つの中から選択でき、47都道府県すべてに対応しています。

また「30%買取UP」など、キャンペーンも定期的に行なっているため利用者側にはうれしいですよね。

他にも「レディースプラン」といった、相談・訪問査定・アフターフォローまですべて女性スタッフが対応しているプランも展開しています。

ただ、地域が限られているためお住まいの地域では利用ができない可能性もありますので、ホームページで確認してみてください。

着物買取のトラブルや失敗を避ける方法

着物買取のトラブルや失敗を避ける方法について、以下の7項目を中心に解説していきます。

  • 相場を確認しておく
  • 買取を希望しない場合はきっぱり断る
  • 一人で買取をしない
  • やり取りを録音しておく
  • 初回の訪問では契約しない
  • オークションでの買取は避ける
  • 突然訪問や電話勧誘をしてくる業者には依頼しない

トラブルや失敗を避けるためにも事前に知識として入れておきましょう。

相場を確認しておく

安く買取される「買い叩き」の被害に遭わないためにも、自分自身で着物の相場を確認して把握しておくことが大切です。

今なら、査定に出す前に業者に着物の写真を送って査定してもらえる「LINE査定」などもありますので、そのようなサービスを活用して相場を把握するのもおすすめです。

また業者のホームページにも買取実績が記載されていますので、査定に出す前に必ずチェックしておいて査定額の交渉材料に使いましょう。

買取を希望しない場合はきっぱり断る

着物以外の品物を一緒に買取しようとする「抱き合わせ買取」のようなトラブルや失敗を避けるためには、買取を希望しない場合にはきっぱり断る勇気が大切です。

変に下手に出たり返答を渋っていると、買取業社は強引に買取しようとしてきます。

買取を依頼するものと買取を希望しないものはきちんと区別を付け、買取しないものに関しては断固として断ることでトラブルを回避できます。

一人で買取をしない

宅配買取の場合は、着物を梱包して送るだけなので問題ありませんが、店舗や出張買取を利用する場合はできるだけ「一人で買取をしない」ようにしましょう。

特に女性と高齢者の方は必ず誰かに付き添ってもらって複数人で立ち会うようにしてください。

国民生活センターに寄せられるトラブル相談のうち「約8割が女性」「約7割が60歳以上の高齢者」という統計も出ていますので、一人で買取をしないよう十分注意して査定を依頼しましょう。

やり取りを録音しておく

店舗や出張買取での会話のやり取りを録音しておくのも効果的です。
何かトラブルが発生した後で「言った・言ってない」の押し問答をしたところで、証拠がなければ説得力もありません。

録音するのは「気が引ける」といった気持ちもわからない訳ではありませんが、トラブルが起こってからでは遅いです。

少しでもこちらが有利に立つ意味でも「やり取りを録音する」というのも選択肢に入れてみてください。

初回の訪問では契約しない

初回の訪問では「買取査定の契約をしない」のもトラブルを避けるためのひとつの方法です。

初回は「査定をしてもらうだけ」と決めておくことで、他社に査定を出すこともできますし、出してもらった査定額を冷静に判断することもできます。

買取業者によっては、その場で判断を急かすところもありますが、そのような業者は危ない可能性がありますので注意しておきましょう。

安心して買取を依頼できる業者であれば、契約をキャンセルしても良い対応をしてくれますので、そのような点も含めて冷静に判断してみてください。

オークションでの買取は避ける

オークションでの買取は、トラブルではなく失敗する可能性があるため避けることをおすすめします。

オークションは入札希望者の中でも最も高い金額で落札した方が購入できる仕組みのため、入札がなければ「相場よりも格安で取引される」可能性があるからです。

運よく相場よりも高い金額の入札がある可能性もゼロではありませんが、オークションでの買取は避けて「複数の着物買取業者に査定に出す」方が良いでしょう。

突然訪問や電話勧誘をしてくる業者には依頼しない

突然訪問や電話勧誘してくる買取業者からの買取依頼は、悪徳業者の可能性が高いめ絶対に断りましょう。

安心して依頼ができる買取業者の場合は、そのような勧誘方法は取っておらず、依頼者からの申し込みを受けてから取引が始まります。

トラブルを避けるためにもきちんとお断りして、気になる買取業者を自分で見つけて申し込みするようにしてください。

もし着物買取でトラブルにあってしまったら

着物買取で実際にトラブルが起こってしまった場合は、以下の行動を取ってみましょう。

  • クーリングオフ制度を使う
  • 国民生活センターに相談する

それぞれ見ていきます。

クーリングオフ制度を使う

クーリングオフは、商品を売却してから8日以内であれば、売却を無かったことにできる法律で定められた(特定商取引法)返品制度です。

買取業者側も、8日間は商品を大切に保管しておく責任があります。

着物買取でトラブルが発生した場合でも、クーリングオフを利用することで商品を取り戻すことができるので、遠慮することなく制度を使いましょう。

国民生活センターに相談する

買取業者との間でトラブルが発生した場合は、国民生活センターに相談することをおすすめします。

時間が経過することで解決できる問題もできなくなる可能性がありますので、トラブルが起きたらすぐに連絡しましょう。

トラブルを早期解決するためにも、ひとりで悩まずにどんどん頼っていくことが結果として早期解決につながります。

国民生活センターHP

着物買取でトラブルにあわないようにするための方法まとめ

この記事では、着物買取でトラブルにあわないようにするために、トラブル事例や業者の選び方・失敗を避ける方法について解説してきました。

また、ここでは安心して着物を売れる優良買取業者を3社ご紹介しましたので、ぜひ参考にしていただいて3社すべてで査定依頼をしてもらいたいと思います。

その中でも特に「ウリエル」はおすすめの買取業者ですので、ぜひ査定を申し込んでみて事前に相場を掴んでみてください。

着物買取ウリエル 着物買取ウリエル