和装小物を買取に出した際の相場はいくら?和装小物の特徴や種類なども紹介!

着物の着用においてアクセントとなるのが、和装の小物です。着物愛好家のなかには和装小物にそれほどこだわらない方もいらっしゃるかもしれませんが、小物の存在を侮ってはいけません。

確かに着物をはじめとする和装の主役は着用している服ですが、和装小物に凝るだけで着物の印象はガラリと変わります。決して主役にはなれませんが、重要な役どころを果たしているのが和装小物なのです。

そして、和装小物は買取市場でも十分に需要があります。今回は、和装小物の買取相場、その特徴や種類などについて詳しく解説していきましょう。

和装小物とは

和装小物とは、着物など和装のときに使用する小物です。洋服でいうアクセサリーやペンダント、指輪、腕時計に該当するものを指します。

目立たないながらも、アクセントとして重要な役割を果たす存在といってもいいでしょう。

和装小物の種類は多岐にわたります。以下でその種類を紹介しましょう。

帯に関する和装小物

帯に関する和装小物は、以下のように4種類あります。

・帯揚げ
帯枕や紐を隠す役割を担うのが帯揚げです。帯の形を整える役割もありますが、機能的な面だけでもなく、装飾品としての役割もあります。

・帯締め
結んだ帯を押さえる役割をするのが、帯締めです。帯の中央の位置にくるので目立ち、色合いを帯や着物に合わせることで全体が際立ちます。

・帯巻枕
帯の形を作る役割をするのが帯巻枕です。文字通り枕のような形をしているのが特徴です。帯を立体的に見せ、見栄えの良い形に仕上げます。

・帯留め
帯締めと同じく帯を押さえる働きをするのが帯留めです。木彫り、宝石とさまざまなタイプがあり装飾品としての意味合いが強い小物といえます。

足元の和装小物

目立たない足元にもこだわることによって、着物の美しさが際立ちます。足元に関する和装小物は主に2種類です。

・足袋
通常の服におけるくつ下に該当するのが足袋です。足袋の色は基本的に白で、値段も格安となっています。

・草履
着物、和装の時に履く靴が草履です。草履はフォーマルな高級品からカジュアルなものまで、豊富な種類があります。金や銀、喪服の際は黒一色とカラーも豊富です。

着崩れ防止のための和装小物

着崩れを防いでくれる働きをする和装小物も、以下の2点のように存在します。

・羽織紐
着物の胸元がはだけないように締め上げる機能があるのが、羽織紐です。これにより着崩れを防止します。紐は調整可能なので、締める強弱を調整できます。

・コーリンベルト
別名が着物ベルトと呼ばれているのが、コーリンベルトです。洋服におけるベルトの役割をします。また、気付を補強する役割もあるので、着物を着用する際に役立ちます。

体に装着しない和装小物

バックや扇子なども和装小物に含まれます。

・和装バック
財布や携帯などの貴重品を入れるためだけでなく、ファッション的な小物として存在するのが、和装バックです。巾着や手提げなどその種類は多様です。

・扇子
暑い時に重宝するのが扇子です。持っているだけで風流な雰囲気を演出できます。

その他の和装小物

かんざしなどもアクセントとして愛用する方が多い和装小物です。

・かんざし
髪飾りであるかんざしは、花かんざし、玉かんざし、平打などの種類があり、装着することで華やかさが増します。

・風呂敷、ふくさ
風呂敷、ふくさ共にご祝儀などを包むための布で、ふくさの方が小さいことが特徴です。

和装小物の相場

和装小物は買取に出した場合、いくらほどの査定額が出るのでしょうか。それぞれの品物の相場、高額買取が期待できるアイテムについて説明しましょう。

和装小物の買取相場・一覧表

和装小物の買取相場を以下の表にまとめてみました。

和装小物の種類買取相場
帯揚げ500〜2,000円
帯締め500〜6,000円
帯巻枕10~100円
帯留め500~300,000円
足袋10~500円
草履100~500円
羽織紐10〜100円
コーリンベルト10〜100円
和装バック100〜5,000円
扇子100〜500円
かんざし1,000〜5,000円
風呂敷、ふくさ100〜500円

上記の表で分かる通り、和装小物は着物本体に比べると単価自体が安価なので、当然ながら買取金額も安くなります。特にコーリンベルト、扇子、足袋や草履、風呂敷、ふくさなどは、リサイクルショップにおいて買取不可の査定結果になることも珍しくありません。

しかし着物買取を専門とした買取店であれば、相場の最高価格で買取をしてくれるケースもあるので、買取に出しても無駄にはならないでしょう。

帯留めに高額査定額が付く理由とは

上記の表で目をひくのが、帯留めの相場です。なぜ帯留めだけが抜きん出て高額な査定金額になっているのでしょうか。それは使用している素材に違いがあるからです。

帯留めで使用されている素材は、象牙やべっこう、金やプラチナ、宝石類などです。そのため、「着物の小物類は売ってもそれほどお金にならないだろう」と決めつけて処分してはいけません。

他の帯に関する和装小物も状態が良ければ高額買取になる可能性があるので、査定に出してみることをおすすめします。

着物買取の専門店がおすすめの理由

和装小物の買取をする場合、着物買取に特化した専門店の利用がおすすめです。着物買取店は、他店では断られる和装小物であっても買取をしてくれます。それが可能になるのは、独自に築き上げた販売ルートを多く抱えているからです。

着物買取専門店は、買取を受け付けていると同時に中古着物、和装小物の販売も行っています。その販売ルートは買取店によっては、国内だけでなく海外にもルートを持っているところも珍しくありません。

特に海外では日本の文化が人気なので、着物も大いに需要があるのです。それだけ多くの販売ルートを抱えているので、どんな劣化した品物であっても必ず買い手が見つかります。

そのため、他店では買取不可の査定結果になることが多い品物でも、快く買取をしてくれるのです。

和装小物を売る際の注意点

和装小物を買取に出す前に、買取の注意点を頭に入れておきましょう。その注意点とは次の2点です。

付属品も一緒に買取に出す

和装小物を買取に出す際は、和装小物そのものだけを出すのではなく、それを収納していたケース、鑑定書、保証書などの付属品も一緒に査定に出しましょう。着物の買取において大事なのは、その着物が伝統工芸品や有名作家が手がけた作品である証明になる「証紙」「落款」も一緒に提出することです。

これら書類の有無によって査定額は数千円の差が生じます。和装小物に関しては元の値段がそれほど高額ではないので、付属品の有無で大きな査定額の差が出ることはありませんが、それでも少しながらも査定額に影響は出るでしょう。

和装小物に限らず、買取に出す商品は購入時に近いほど、査定額は高くなります。箱などを仕舞っていた場合は面倒くさがらずに探してしっかりと揃えてから、買取店に依頼しましょう。

貴金属の買取にも対応している買取店に依頼する

和装小物に高額の査定額がつくのは、その小物に貴金属や宝石があしらわれた場合です。この場合、着物買取だけに特化した買取店でも良いですが、着物以外に貴金属や宝石も買取対象にしているお店に依頼するといいでしょう。

そのようなお店の査定員は、貴金属や宝石に関する知識も豊富なので、安心してお任せできます。着物に特化したお店であっても、確かな知識と査定スキルを兼ね備えているのでそれほど心配はありませんが、貴金属などに精通したお店であればより安心です。

まとめ

和装小物は安価で購入できるものがほとんどなので、買取に出してもあまり意味がないと決めつけている方もいるでしょう。しかし、和装小物は着物の着こなしをサポートする重要な役割を果たすアイテムなので、着物買取市場においても十分にニーズがあります。

処分するのはもったいないので、もし遺品整理などで大量の和装小物を発見した場合、着物買取に対応した買取店に依頼してみてはいかがでしょうか。

着物買取ウリエル 着物買取ウリエル