高額査定のために知ってる?留袖の買取相場や特徴、注意点も紹介!

数多い着物の種類のなかでも特に格式が高いイメージがあるのが、留袖です。しかし、留袖を自宅に所有していながらそれほど着る機会がないので、扱いに困っている人もいるでしょう。

そのため、留袖を売ろうと検討している人もいるかもしれませんが、果たして留袖を売った場合いくらくらいの買取値段がつくのでしょうか。

今回は、留袖の買取相場、留袖を買取に出す際の注意点などについて、詳しく解説します。留袖の買取を検討している人はぜひ参考にしてください。

留袖とは

留袖とは、そもそもどのようなタイプの着物なのでしょうか。留袖の定義や歴史、その種類などについて以下より説明しましょう。

留袖の定義・歴史

留袖は、現在だと既婚女性の第一礼服に該当する着物、過去には既婚女性の普段着として使用されていたものです。現在は、着物のなかでも格が高い扱いをされており、結婚式などの場で既婚女性が着る服として使用されています。海外にて、格式の高い場で見られるイブニングドレスやアフタヌーンドレスに該当するものが、この留袖なのです。

現在はそのような扱いをされている留袖ですが、江戸時代では既婚女性と未婚女性を区別するための着物という意味合いがありました。留袖という言葉は「袖を短くして留める」という意味があり、それは「結婚して嫁いだ家に留まる」という意味も込められています。その言葉の意味通りに、江戸時代の士農工商に関係なく、ほとんどの既婚女性が着ていたのが、留袖だったのです。

留袖は一見、訪問着と似ていますが、明確な違いがあります。訪問着はあらゆる部位に絵羽模様が走っていますが、留袖で絵羽模様があるのは裾のみです。留袖か訪問着か見分けるには、絵羽模様に注目しましょう。

留袖の種類

留袖の種類について説明しましょう。

・黒留袖

文字通り、黒を基調とした生地で仕立てたのが、黒留袖です。結婚披露宴などで着用する機会が多く、新郎新婦の母親、仲人の立場の女性が「その日の主役を正装で迎える」「落ち着いた色彩で主役を引き立てる」という意味合いで着ます。

半身には模様がない仕上がりのため派手さはないものの、見る人に上品な印象を与える黒留袖は、おめでたい席にぴったりといえるでしょう。

・色留袖

黒以外の色彩の留袖なのが色留袖と呼ばれるもので、黒留袖の次に格式が高いという位置付けです。黒留袖と違って既婚女性でなくても着ることができます。色留袖の特徴は紋の数で格式が変化することです。

黒留袖は紋が5つという決まりがありますが、色留袖も5つの紋があれば黒留袖と同格になります。紋が減って1〜3つの場合は、少し格が下がって準礼装の扱いです。格が下がっていても正装として結婚式などで着用しても問題ありません。

留袖の相場は?

留袖の買取相場は、その種類や状態によって異なります。一般的な留袖の相場は、それほど劣化が目立たない状態であれば1万〜7万円ほどです。人間国宝が手がけたもの、伝統工芸品でさらに状態が良ければ、相場以上の10〜20万円になる場合もあります。

また、留袖の場合は、格式が高い黒留袖より色留袖のほうが買取市場では需要が高い傾向です。色留袖は、紋の数によってそれほど格式の高くないシチュエーションにも対応できるので、着ていける範囲が広めになっています。そのため、高級感のある黒留袖よりニーズが多いという現象が起きているのです。

かといって、決して黒留袖が安い扱いをされているわけではありません。黒留袖も「着る機会のない黒留袖も一度着てみたい」というニーズが少なからずあるので、定価より安い中古市場では人気を集めています。

留袖であれば、目立つほど状態が悪いものでもない限り、どのタイプでも高額買取が期待できるといってもいいでしょう。

留袖の買取を依頼する方法、どれがおすすめ?

留袖を売りに出す場合、いくつかの手段がありますが、果たしてどの手段が最も適しているのでしょうか。買取をするための手段の種類について、以下より説明しましょう。

オークションやリサイクルショップの利用は、あり?

買取で手っ取り早い方法は、近所のリサイクルショップに留袖を持って行く、ネットオークションに出品するなどがあります。どちらも「近所なのですぐに処分できる」「出品してあとは買い手が声をかけてくるのを待つだけ」などが利点といえるでしょう。

しかし、近所の個人経営店などは家電や日用品の買取は受け付けていても、着物などの和服の買取には対応していないことが多いです。買取に対応してくれても高額買取は期待できないといっていいでしょう。

留袖は、専門的な知識がないと価値のあるものとは判断しにくいものです。安い着物も留袖も同じ着物扱いにされて、正当な査定金額が付かないことが多いです。

また、ネットオークションの場合は、必ず買い手が見つかるとは限りません。転売屋が欲しがるような人気商品であれば高額買取が実現する可能性は高いですが、愛好家以外に着る機会のない着物は、必ず買い手が見つかるという保証はないでしょう。

確実に安心して買取ができるのは着物買取の専門店!

確実に安定した査定額を付けてくれるのは、着物買取に特化した専門店です。専門店には会社独自の厳しい研修をクリアした従業員が多数在籍しています。着物の扱い方から査定時のチェックポイント、買取市場の消費者の動向、そして着物に関する豊富な知識を兼ね備えているのが特徴です。初めての人でも安心して買取に出せるでしょう。

店頭での買取をした場合、査定時間もそれほど時間がかかりません。迅速かつ正確な査定で買取に出したその日に現金化が実現します。現金が必要なときに留袖を買取に出せば、消費者金融などから借金をせずに合法的に現金を入手できるでしょう。店頭買取以外にも出張買取や宅配買取に対応している店舗もあるので、近所に店舗がない人でも安心です。

安心できる着物買取専門店の見分け方

着物の高額買取を売りにした買取業者はいくつか存在しますが、残念ながらすべての買取店が良心的な営業をしているとは限りません。なかには悪徳な手口を実行している買取店がいるのも事実です。では、信頼できる業者を見つける際の大事な中点とは何か、以下より説明しましょう。

事前に手数料があるかを確認する

良心的な買取店は、正式な依頼前の査定、出張、宅配にかかる各種手数料は無料の設定にしているところが多いです。しかし、この辺をうやむやにしてあとになって手数料を請求してくる悪質な買取店もいます。

このような手口に引っかからないように、事前に買取店のサイトをよく確認して、わからないことがあったら電話で質問をしましょう。質問の際にうやむやな態度を取ったら、怪しいと考えてもいいかもしれません。またネット上の口コミや評判もチェックしておきましょう。

女性従業員のいる買取店を選ぶ

悪徳な買取店のなかには出張買取でお客の自宅を訪ねた際に、着物以外の貴金属やブランド品の買取も進めてくるところもあります。強引な態度で高価なブランド品などを客に持って来させて、強引に安価な査定額で買い取るという手口です。

そのような被害があるために、特に女性客のなかには出張買取を依頼するのが怖いという人も少なくありません。良心的な買取店は、そのような女性客の気持ちを考慮して、同じ女性の査定員の出張も受け付けているところもあります。

横暴な男性の従業員ではなく同じ女性であれば、女性客も安心して自宅へ招くことができるでしょう。男性を自宅へ呼ぶのに抵抗がある女性は、女性査定員もいる買取店を見つけるのが無難です。

まとめ

留袖は、着物の種類のなかでも、着用するだけで身が引き締まり、高貴な気分にさせてくれる品の良い着物です。派手さはないながらも繊細で美しさが際立つ仕上がりのため、着物買取市場でも価値のある品物として知られています。

もし着る機会がなく不用となっている留袖を所有していた場合、買取に出してみるのもいいでしょう。今回のこの記事を参考にして、円滑に買取を成立させていただけたら幸いです。

着物買取ウリエル 着物買取ウリエル