損しないために知っておきたい反物の買取相場、特徴や買取方法、高額買取のコツ紹介!

自宅にある反物、遺品整理や生前整理で大量の反物が出てきた場合、その扱いに困っているという方はいらっしゃいませんか?

そのような方におすすめなのが、着物買取対応した専門店へ買取に出す方法です。今回は反物の特徴、買取相場、買取におけるコツなどについて、詳しく解説していきます。

反物ってなに?反物は買取してもらえるの?

そもそも反物とは、何を指す言葉なのでしょうか。また、反物は買取をしえもらえるのか、疑問に思っている人もいるかもしれません。以下で反物の定義、反物は買取可能かどうかについて、詳しく説明しましょう。

反物の定義

反物(たんもの)とは、着物など和装をつくる際に使用する布地のことです。使用しないときは巻物のようにくるくると巻いて管理するので、その巻物状の物は知っている人もいるでしょう。

反物の「反」とは、布地の長さを示す単位です。この単位であらわす「1反」は、着物1着分に相当する長さになります。具体的にいうと長さ12m・横幅34cmが1反です。これが1人あたりの着物に必要な目安となっています。

反物だけでも買取は可能

反物はただの布地なので、まだ着物や和服になる前の状態です。そのため、「ただの布じゃ買取してくれないのでは」と疑問に思っている人もいるでしょう。しかし反物は着物買取の専門店でも買取を受け付けています。

着物に限らず服というものは、サイズが合っていないと着ることができないので、いくら価値のある服であっても着れなければ意味がありません。

しかし反物は服になる前の状態なので、どんな人のサイズにも合わせられます。また反物で仕立てるものは着物に限定されているわけではありません。着物以外の和服、和装小物などあらゆるものを仕立てることが可能なのです。

どんなニーズにも対応できて、自由にさまざまなものを生み出せる可能性は、既に出来上がった着物にはありません。しかし、反物であればまだ何も手をつけていない状態なので、あらゆることに対応できます。そんな可能性を持った反物は、着物買取市場においても十分に需要があるのです。

反物の相場、査定額が高い反物の種類は?

反物を買取店に出した場合、いくらで売れるのでしょうか。以下より反物の買取相場、人気の反物について紹介しましょう。

反物の相場は?

反物は、状態の悪いものや素材が安価なもの、無名ブランドのものであれば、数百円の査定額になる傾向があります。ただし、シルク100%の正絹、状態の良いもの、新品同様のものだと1万〜4万円ほどの査定額が相場となっています。

高額査定がつく反物は?

反物のなかでも全国的に有名な伝統工芸品、有名作家の手がけた反物であれば、高額査定になる可能性が高く、最高額20万円もの高額査定になるケースもあります。そのなかでも、着物買取市場で人気を集めているのは、次の2点です。

・結城紬
和装業界において一大ブランドといわれている織物が、結城紬(ゆうきつむぎ)です。茨城県・結城市が産地のこの織物は、日本を代表する伝統工芸品として、重要無形文化財・ユネスコ無形文化遺産にも指定されています。空気を含みやすいやわらかい肌触りは、心地良さだけでなくシワになりにくいこともメリットといえるでしょう。

結城紬は、買取市場では10万円相当の値段がつくことが多く、最上級のものであれば数十万円の査定額がつくこともあります。

・大島紬
大島紬は、鹿児島県奄美大島が産地の特産物です。絹100%の肌触りの良さ、泥で染め上げた糸を使用した独特な模様が特徴となっており、国内だけでなく海外でも高い評価を受けています。大島紬の買取相場は4万〜10万円が平均で、未使用・状態の良いものであれば20万円もの高額査定がつくことも珍しくありません。

反物の買取は、着物買取専門店がおすすめ!そのメリットとは?

反物を売る手段の種類は、知人に売る・リサイクルショップ・各種オークションの利用などです。

しかし、オークションの個人間売買の場合は「買い手とのトラブルになる可能性がある」「交渉や発送など一連の手続きが面倒」などのデメリットがあります。

リサイクルショップの店頭買取であれば、すぐに査定結果も出てその場で現金化も可能ですが、適切な査定をしてくれるとは限りません。古く価値のある反物であっても「ただの古い布」と判断して、低い査定額を提示することもあるでしょう。

初めて反物の買取を検討している人にもおすすめな販売方法は、着物買取を専門とした店舗に依頼することです。なぜおすすめなのか、その理由を以下で説明します。

・豊富な知識と確かなスキル
着物買取専門店は、着物・和装に特化した専門店なので、店舗に常駐している査定員は着物に関するプロフェッショナルが揃っています。反物の伝統工芸品・有名作家などの情報も熟知しているので、価値のある反物に間違った査定額をつけられるという心配はありません。反物の扱いも慣れているので、丁寧かつ迅速に査定をしてくれます。

・独自の販売ルートを多数確保
大手の着物買取店は、独自に開拓した販売ルートを多数抱えています。それだけ着物愛好家のニーズを抱えているということなので、状態の悪い反物、古い反物であっても買取対象外にしません。リサイクルショップで買取不可とされた反物であっても買取をしてくれるでしょう。

・複数の買取方法を用意
着物買取専門店は、店頭買取だけでなく、出張買取・宅配買取にも対応しています。自宅の近くに店舗がない、店舗に行く暇がない人でも、買取依頼が可能です。女性客の場合は女性査定員が訪問する対応もしてくれる店舗もあるので、女性客でも安心して依頼できます。

反物を高く売るコツ

反物を買取に出した際、1円でも高い査定額を出すための秘訣を紹介しましょう。

「証紙」も一緒に買取に出す

証紙を持っている場合、反物と一緒に忘れずに買取に出しましょう。証紙とは、伝統工芸品や有名作家の作品であることを証明する書類です。

証紙は、厳しい検査基準をクリアして発行されるものなので、この書類があれば品物の価値・品質は保証されたことになります。逆に証紙がないと、いくら価値のある反物であっても、偽物と疑われてしまう可能性もあるのです。

着物買取専門にいる査定員は、本物と偽物を見抜く確かな査定スキルがあります。そのため、価値のある反物を証紙なしで出しても、偽物と疑われる心配はありません。

しかし、証紙の有無によって査定額は数千円の差が生じます。買取に出す前にしっかりと探して、忘れずに査定に出しましょう。

買取に出すタイミングを考慮する

反物の買取を出そうと考えながらも、面倒だから後でいいと考えている人もいるでしょう。しかし、反物は時間が経過するとどんどん劣化していきます。有名作家のもの、伝統工芸品であれば多少劣化しても高額買取になるでしょうが、それでも劣化前・劣化後では査定額に大きな差が生じます。

なるべく早く買取に出すことも大事ですが、タイミングを考慮することも必要です。成人式や卒業シーズン、外国人観光客が多く訪れる時期は、着物や和装の需要も高まります。

買取専門店はそのシーズンが来る前に在庫を多く抱えたいために買取を強化するので、その時期であれば他の時期より査定額がアップする傾向が多いです。大型連休前、成人式や卒業シーズンの前に買取に出せば、高額買取が期待できるでしょう。

まとめ

反物はただの布だから買取に出してもそれほど需要がないのでは、と思っている人もいるでしょう。しかし、そう簡単に決めつけてはいけません。着物だけでなくさまざまな和装、小物を生み出すことが可能な反物は、多大なニーズのある着物買取市場では人気のアイテムなのです。

遺品整理などで大量の反物を発見した場合、ただ処分するのではなく買取に出してみることをおすすめします。買取専門店はいつでも買取を受け付けており、無料査定もできるので、お気軽に依頼が可能です。

着物買取ウリエル 着物買取ウリエル