加賀友禅の買取相場は?着物の特徴や種類も紹介

「タンスの奥から、祖母が大事にしていた加賀友禅の着物が出てきた」

「加賀友禅って高く売れるの?」

そのような悩みはありませんか?

着物にあまり関心がない人でも、加賀友禅という名称は聞いたことがあるかもしれません。
有名な着物なだけあって、「高く売れるのでは?」という期待も高まりますよね。

この記事では、加賀友禅の特徴や種類、買取相場などを紹介していきます。

加賀友禅とは?特徴や歴史を解説

加賀友禅とは、石川県金沢市を中心としたエリアで生産される染めの着物です。
はじめに、加賀友禅の特徴・歴史・種類を解説します。

加賀友禅の特徴とは?

加賀友禅は、写実的な草花の模様とぼかした色味が特徴の着物です。
京都の「京友禅」、東京の「江戸友禅」と合わせて日本三大友禅として知られています。

そもそも友禅とは、江戸時代から続く着物の染色方法。
絵画的な細かい模様が特徴で、職人の高い技術力が必要となるため高値で取引されています。

加賀友禅の大きな特徴は以下の3点です。

  • 虫食い
  • 加賀五彩
  • 外ぼかし

虫食い

加賀友禅の模様の細かさを「虫食い」と表現します。
「虫に食われた葉・朽ちた葉まで表現する」模様の細かさが加賀友禅最大の特徴と言われています。

加賀五彩

加賀友禅は、加賀五彩(臙脂・黄土・藍・草・紫)と呼ばれる色をもとに染められています。

職人がそれぞれ独自の5色を作り、絶妙な配分で混ぜ合わせて染めていきます。加賀友禅は価値の高い「一点もの」です。

外ぼかし

加賀友禅では、「外ぼかし」と呼ばれる技法がよく使われます。
花などに色をつける際に、グラデーションを着けていきます。

加賀友禅では外側を濃く色づけし、内側に向かって薄くぼかしていきます。
京友禅の場合は、加賀友禅とは逆で外側にいくほど薄くなっていくのが特徴です。

加賀友禅の歴史

加賀友禅のルーツは、室町時代に加賀国で行われていた梅染め(加賀御国染)にあるといわれています。
京友禅の創始者として知られる絵師・宮崎友禅斎が、加賀御国染に自分の技法を取り入れて確立しました。

加賀友禅は加賀百万石の武家文化の中で培われ、多くの名工が生まれました。
かつては「御国染」や「加賀染」と呼ばれていましたが、普及するにつれて「加賀友禅」と呼ばれるようになりました。

この加賀友禅の伝統は、現在にも受け継がれています。

加賀友禅の種類

一言に加賀友禅といっても、以下のように様々な着物が存在します。

  • 振袖
  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 小紋
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 浴衣

他の着物と同じように、目的などに応じて振袖や訪問着などに分類されます。

加賀友禅は、大柄なものだけでなく、落ち着いた雰囲気の黒留袖や色留袖も人気です。
黒留袖や色留袖は幅広い年代が着用できる点が大きな魅力。

各着物の買取相場については、この後詳しく紹介していきます。

【加賀友禅】種類別の買取相場

「着物を査定に出す前に、どれくらいの値段がつくのか知りたい」という方は多いのではないでしょうか。

続いては、加賀友禅の買取相場を種類別にご紹介します。
有名作家の作品は値段が跳ね上がるため、あくまでも相場と考えてください。

【加賀友禅】振袖の買取相場

成人式でもお馴染みの振袖。加賀友禅の振袖の買取相場は、新品で15万円前後、中古で6万円前後です。

振袖とは、長い袂 (たもと) のある袖をつけた着物のことで、未婚女性の第一礼装です。
一生に一度の晴れの日に、加賀友禅の振袖を検討する方もいるでしょう。

【加賀友禅】訪問着の買取相場

加賀友禅の訪問着の買取相場は、新品で15~20万円前後、中古で13万円前後。

訪問着は年齢や未婚・既婚を問わず着用できるため、ニーズが高い着物です。
フォーマルシーンからカジュアルシーンまで幅広く着用できます。

【加賀友禅】小紋の買取相場

加賀友禅の小紋の買取相場は、新品で3万円前後、中古で1〜2万円です。

小紋は全体に柄が繰り返し入った着物のこと。
上下の方向に模様が入っているため、礼装・正装としては着用できません。買取相場も低めです。

【加賀友禅】黒留袖の買取相場

加賀友禅の黒留袖の買取相場は、新品で10〜20万円、中古で6万円前後と高めです。

留袖は、既婚女性が着用する最も格の高い礼装。
そのうち地色が黒の留袖を「黒留袖」と呼び、結婚式などで親族の既婚女性が着用します。

【加賀友禅】色留袖の買取相場

加賀友禅の色留袖の買取相場は、新品で15〜30万円、中古で15万円前後と高めです。

色留袖は、地色が黒以外の留袖のことです。
既婚女性が着用する礼服ですが、最近は未婚女性が着用することもあります。
そのため、買取相場は黒留袖よりも高めとなっています。

【加賀友禅】浴衣の買取相場

加賀友禅の着物の買取相場は、新品で5万円前後、中古で3万円前後です。

夏祭りや花火大会では、浴衣の女性を見かけることが多いですよね。
着物にあまり関心がない方や若い世代でも、敷居が低いのが浴衣です。

加賀友禅の着こなし方

加賀友禅の着こなし方はどうすれば良いのでしょうか。
着こなしのポイントを2つ紹介します。

着物の柄と帯のバランスを考える

加賀友禅をきれいに着こなすためには、着物の柄と帯のバランスを考えるのがおすすめです。

着物の柄がおとなしい場合は、少し派手な刺繍が入った帯を選んでみてはいかがでしょうか。
逆に着物の柄が細かい場合は、大きめの柄が入った帯を選ぶと◎

着物の柄のメインカラーを、帯や帯締めにさりげなく取り入れると綺麗にまとまりますよ。

統一感のあるコーディネートを意識

統一感のあるコーディネートを意識すると、着物初心者でも加賀友禅をきれいに着こなせます。

淡い地色同士の着物・帯を選ぶことで、簡単に色味の統一感を出せます。
訪問着など、落ち着いた印象を与えたい時は意識してみましょう。

逆に、補色同士で組み合わせると華やかな印象になります。
パーティなどおめでたい場所には、少し攻めて補色同士で組み合わせてみてはいかがでしょうか。

加賀友禅の有名作家

加賀友禅は、ほぼ全工程を一人の作家が行う「一貫制」で作られます。そのため、作家の個性や技術が出やすいのが特徴です。

有名作家や人間国宝の作品は、高値で取引されています。以下の作家の名前は覚えておくと良いかもしれません。

  • 木村雨山
  • 由水十久
  • 中井節子
  • 柿本市郎
  • 二塚長生
  • 談議所栄二 など

人間国宝に認定された木村雨山の着物は、数十万円の価格がつくこともあります。

加賀友禅を高く売るコツ

加賀友禅を高く売るなら、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 落款があるか確認する
  • 証紙を一緒に持っていく
  • 保存状態を確認する

着物に烙印があるかを調べれば、素人でも作家名が分かる可能性があります。
各作家の烙印がどのようなものなのかは、加賀染振興協会に登録されているのですぐに分かります。

査定に出す際には、着物の価値を証明する「証紙」を一緒に出すことを忘れないでください。
証紙なしでも買取は可能ですが、あったほうが査定がスムーズで査定額も上がりやすいです。

着物に汚れやシミがないかも重要なポイントです。
すぐに売らない場合は、できるだけ着物が劣化しないように工夫しましょう。
いずれ売る予定であるなら、早めに査定に出すことをおすすめします。

まとめ

今回は、加賀友禅の特徴や歴史、買取相場を紹介しました。

着物の種類にもよりますが、加賀友禅の買取価格は新品で15万円前後です。
幅広い年代が着用できる黒留袖・色留袖であれば、安定した価格で売れるのでぜひチェックしてみてください。

有名作家や人間国宝の着物となれば、何十万で売れることも珍しくありません。
加賀友禅の着物をお持ちの方は、烙印や証紙があるかをチェックすることをおすすめします。

着物買取ウリエル 着物買取ウリエル