知ってた?訪問着の買取相場や高く売るコツとは?

「遺品整理をしていたら訪問着がたくさん出てきた」

「着なくなった訪問着がしまったままになっている」

など、訪問着を手放したいとお考えではないでしょうか?

着物の中で一番需要が多いといわれる訪問着。パーティーやお茶席、結婚式などさまざまなシーンで着用できる汎用性の高い着物で、振袖や留袖とは違い何着も所有する方が多いです。

その訪問着について、買取価格の相場、高価買取になる訪問着の特徴と高く売るためのコツを訪問着の基礎知識と合わせてお伝えしていきます。

訪問着とはどんな着物?

訪問着は、既婚・未婚問わず着用できる礼装で華やかな印象の柄が多いフォーマルな着物。留袖などに入っているような紋(家紋)があるものと、ないものがあります。

大正時代に誕生した、着物としては比較的新しい礼装です。

訪問着の「格」

着物には種類によりカジュアルからフォーマルまでの位置づけを表す「格」というものがあり、着ていく場所によってふさわしい格があります。

訪問着の格は準礼装(セミフォーマル)から略礼装までに該当し、大人の女性が着るものでは留袖の次にフォーマルな着物です。

訪問着の特徴

訪問着は肩から袖、裾にかけて絵羽模様とよばれる柄の配置になっているのが特徴です。絵羽模様とは、着物の裁ち目をまたいで柄が描かれており、広げると1枚の絵のようになる模様をいいます。

友禅(白い生地に絵画のような模様を描いて染め出す)や絞り(布の一部を糸でくくったり縫って絞ったりして防染したのち、染液に浸して染める)などの染色技法に刺繍や箔などが施され、全体的に華やかな柄が特徴です。

生地は縮緬、綸子、羽二重などの絹織物や、夏物では絽や紗などの透き目のある織物が使われます。現代は洗えるポリエステルの訪問着もたくさん制作されています。

訪問着と付下げ、留袖との違い

着物初心者には見分けがつきにくいのが、訪問着と付下げ、留袖です。特に付下げとの違いに明確な基準がないものもあり、わかりにくいです。着物の種類で買取価格にも差が出るため、見分け方をお伝えします。

訪問着と付下げの違い

まず、パッと見た印象での違いは、訪問着は柄が豪華付下げは控えめだということです。詳しい違いは、以下の通りです。

・訪問着・・生地の裁ち目をまたいだ絵羽模様。正式な式典からパーティーまで着用できる。

・付下げ・・柄が控えめで裁ち目をまたがない。格式ばらないパーティーなどに着用する。ただし、豪華な袋帯と合わせることで、訪問着と同じように結婚式や式典などにも参加できる。

付下げの柄は裁ち目をまたがないとお伝えしましたが、近年、付下げの人気により裁ち目で柄がつながっている訪問着のような付下げが登場しました。これを「付下げ訪問着」とよびます。

訪問着と留袖の違い

訪問着と留袖を見分けるのは、とても簡単です。

訪問着は肩から袖、裾にかけて縫い目をまたいで柄がつながっている絵羽模様、一方留袖の柄は裾だけに柄があしらわれています。

どちらも豪華にみえますが、裾にのみ柄が入っていて上半身は無地の着物が留袖と覚えておくとよいでしょう。

訪問着を着用するシーン

訪問着はフォーマルな場に着るものとしては汎用性の高い着物で、各種お祝いの式典や結婚式(親族以外の場合)、披露宴からパーティー、お茶席まであらゆる場所に着て行けます。

一方、紬の訪問着はシックで少しカジュアルな印象で、格式の高い場所には不向きです。具体的には結婚式の2次会や観劇、パーティーなどにふさわしいでしょう。

訪問着の買取相場

着物の買取のなかでも最も数が多く、また需要が高いのが訪問着です。しかし一方、数の多さゆえに他の着物以上に買取相場に差が出るデメリットもあります。訪問着の種類により、おおよその相場を表にまとめました。

いずれの場合も状態によっても差がつくため、参考程度とお考えください。

訪問着の種類おおよその相場
ポリエステルなど化繊の訪問着0円〜3,000円あたり
一般的な訪問着数千円〜30,000円あたり
有名百貨店や老舗呉服店のおあつらえ訪問着10,000円〜300,000円あたり
人間国宝や有名作家物、伝統工芸品数万円〜数十万円あたり

また、ある業者の一例をあげると、

人間国宝・羽田登喜男の訪問着:150,000円

城間栄順の琉球紅型の訪問着:330,000円

など。

もしお手持ちの訪問着の相場を具体的に知りたい場合は、ほとんどのお店で行っている無料査定サービスを利用すれば、スマホやWEBのフォームから写真を送るだけで見積もりだけしてもらえます。数件見積もりをとって、一番納得できる業者で買取してもらうのが確実でおすすめです。

高く売れる訪問着6つのポイント

まずは高価買取になる着物の特徴を知り、お手持ちの着物が該当するかどうかチェックしてみましょう。

状態がよい訪問着

着物の状態がよいほど査定額が高くなります。

着物はデリケートなので、保管状態によりシミやヤケができることがよくあります。特に汗じみや汚れなどをそのままにしてタンスにしまっておくと、シミやくすみが大きくなってしまうことも。保管する時はきれいに畳んでたとう紙に入れましょう。

サイズが十分にある訪問着

着物はひとりひとりの体形に合わせてあつらえる場合が多いので、リサイクルとして販売す際にサイズが大変重要になります。

サイズが十分にあれば、次に着る人に合わせて仕立て直しもできるため買取価格が高くなります。現代の成人女性の平均身長が158cmなので、身丈が160cm前後あれば十分でしょう。

伝統工芸品や作家作品の振袖

訪問着に用いられる技法では、加賀友禅や京友禅、東京友禅とよばれる友禅染めや琉球紅型も伝統工芸品として価値が高く、高価買取の対象です。

作家物では人間国宝の久保田一竹、羽田登喜男の作品などは美術品としても価値が高く高価買取になります。

そのほかにも琉球紅型作家の城間栄順や京友禅作家の北出与三郎など有名作家の作品など希少価値の高い訪問着は高価買取になるでしょう。

大手百貨店や老舗呉服店であつらえた訪問着

大丸や高島屋、三越、そごうなどの大手百貨店であつらえた訪問着は仕立てがよく高価買取の対象になります。

また江戸の老舗「竺仙(ちくせん)」、「ゑり善(えりぜん)」や、「川島織物」、「龍村美術織物」といった老舗呉服店の訪問着も同様です。

柄のつながりが美しく華やかな訪問着

柄が美しく華やかなだけでなく、胸や袖の生地の裁ち目も柄が綺麗につながっていることも、高価買取のポイントです。

古典柄の着物

日本の伝統的なモチーフである草花や鼓、扇などの上品で華やかな柄は年齢層や時代を問わず着用できるので買取価格が高くなる傾向にあります。

お手持ちの訪問着をできるだけ高く売るコツ

お手持ちの訪問着を手放すと決めたら、1円でも高く売りたいですよね。そのためのコツをいくつかご紹介します。

着物の専門知識が豊富な業者を選ぶ

着物を売るなら、着物専門の買取業者、もしくは着物の買取実績が豊富で専門知識のある査定員が在籍する買取業者を選びましょう。

着物の査定には専門知識のほか、市場の動向、布地や技法の価値を見極める目利き力など総合的な知識が必要です。そのため、お近くのリサイクルショップなどに持ち込むと価値が分からず、二束三文にしかならない可能性があります。

証紙があれば一緒に査定に出す

伝統工芸品やその他高級な着物には証紙とよばれる、価値の証明書が付きます。お手元にある場合は捨てずに、必ず査定時に提出しましょう。証紙の有無でも買取価格に差が出ます。

小物もまとめて査定に出す

帯や草履、バッグ、帯留めなどの和装小物も一緒に買取してもらえる業者の場合は、まとめて査定に出すことで買取価格が多少上がります。

まとめて買取が可能かどうか、あらかじめお店に問い合わせてみるとよいでしょう。

なるべく早く査定に出す

訪問着は基本的に年代の新しいものの方が売れやすいので、売ると決めたら長期保管による劣化を防ぐためにもなるべく早く査定に出しましょう。

ただし、大正時代のアンティーク着物にはコレクターがいて需要があります。特に昔の日本人のサイズは小さいものが多く、サイズが大きいアンティーク着物は希少価値があるため、高価買取が期待できます。

ニオイをとる

タンスの中で長期保管していた着物は防虫剤などの独特なニオイがついていることがあります。ニオイがひどい場合は状態がよくても買取価格が下がるので、査定に出す前に一度ハンガーにかけて陰干ししてニオイを取ることをおすすめします。

まとめ

訪問着を売りたい方に向けて、相場や高く売れる訪問着のポイント、高く売るコツについてお伝えしました。

なるべく高く買い取ってもらうには、業者選びがとても重要です。訪問着の買取相場は他の着物と比べても業者や品物により差が出やすいので、着物買取の知識が豊富な業者からいくつか見積もりをとり、比較検討してみることをおすすめします。

着物買取ウリエル 着物買取ウリエル